わかりやすい

不動産の『わからない』を 見える化する

お客様の理解度を最も大切にいたします。

(1)お客様の本業を深く理解いたします
お客様が置かれている経営環境を理解してこそ次の一手を共有できます。
不動産という大きいものを扱うにあたり、まず第一であるお客様の本業の経営環境をよく理解したうえでステップを進めます。

(2)ステップごとの納得度をチェックします
お客様の求めているニーズを深くくみ取り、結論に至るまでの各ステップでの納得度を重視いたします。

(3)専門用語を多用しません
建築・不動産に関する専門用語はお客様の理解度に応じてケアしながら使用いたします。
随時用語の説明も致します。
逆に理解度の高いお客様には多用することでスピード・コミュニケーションレベルをアップさせます。
   
scroll-to-top