不動産納得処理4つのステップ

不動産納得処理メソッド 不動産納得処理4つのステップ
会社がおかれている環境と課題、今後の展望などを把握し、営業・人事・財務の見地から今後の戦略を確認します。

経営理念にも立ち戻って分析を行います。
 
不動産の3つの処理の意味を理解する
売却する
・現金が増える
・借入金が返せる
・別事業の軍資金が増える
・税務上の損金・益金が増える
・会計上の売上・利益・損失が増える
・毎期の減価償却が減る
・従業員がメッセージを捉える
・銀行が資産のスリム化を把握する
・株主が投資機会を探る
不動産の3つの処理の意味を理解する
建て(替え)る
・現金が減る
・資金を借りれば借入金が増える
・建物や設備が新しくなる
・税務的に償却資産(経費・損金)が増える
・従業員に対して「業容拡大?」「採用が増える?」「うちは儲かってる?」などのメッセージが伝わる
不動産の3つの処理の意味を理解する
リフォームする
・建物の一部が新しくなる
・設備が良くなる
・建物の寿命が延びる
・税務的に償却資産(経費・損金)が増える
・従業員に対して「ケチな会社?」と伝わる可能性があり。
3つの処理方法は概ねこのような意味合いを示しますが、経営における不動産の処理はこのような単純なものではなく、取引先や銀行、株主、従業員といったステークホルダーと関連して、より複雑で感情的な意味合いで捉えられることが多いことは想像に難くないでしょう。

不動産の処理は「売る・建てる・リフォームする」ときにやりとりする金銭の単純な割安・割高感だけではなく、常に「重要な経営課題の解決」をゴールとして、冷静に選択していく必要があります。
 
例えば、数字だけで不動産の処理を判断しようとすると、

・簿価との比較で決める
・売上や利益拡大に寄与するかどうかで決める
・相場と比較して割安・割高で決める 


などが挙げられますが、経営面ではもっと定性的、感情的なものが関わってくるはずです。

・会社理念に整合するかどうかで決める
・人事戦略・財務戦略に整合するかで決める
・相乗効果の有無で決める
・従業員へのメッセージになるかどうかで決める
・会社の発展のストーリーに意味を成すかどうかで決める

なども考慮するのが普通です。

ここで、ステップ1で行う経営分析が効果を発揮します。
今後、会社がどこに向かっていくのか。どのような財務体質でありどれだけの体力があるのか。
これらを認識しておく必要があります。
もちろん事業計画そのものも数値面から妥当性を考慮する必要があります。

・建築費は十分にリーズナブルか
・諸経費は過剰ではないか
・予備費は十分か
・想定する家賃に無理はないか
・売却する価格は安くないか
・借り入れる金利は高くないか
・借入の返済期間は短すぎないか
・リフォーム見積もりは業者の言い値になっていないか

なども合わせてチェックします。
 
このメソッドでは、不動産に関する次の3つを明らかにすることで判断材料を作り出します。
不動産納得処理メソッド
この4つのステップを踏まえて「安心・万全」な不動産の処理の結論を導いていきます。
   
scroll-to-top