事業を承継した経営者なのに意識していない「あれ」とは?

二代目経営者または三代目経営者が事業を承継する際、
気になる点として挙げられるのが主に次の3点かと思います。



事業はうまくいっているのか?

有能な人材がいてコントロールできるか?

資産や借り入れはどうなっているのか?


はい、要するに、
ヒト・モノ・カネですね。

特に気になるのは「借金」だと言われます。




「こんな多くの借金を引き継がされるのか!?」


高額の負債がある場合、それはとても大きい負荷として
経営にのしかかります。



資金に余裕のある会社は日々のキャッシュフローさえ
あまり気にしなくてもよいですが、
借金が多く事業の先行きに不安があればイヤでも
明日のカネの心配をすることになります。



そんななかで気がつきにくいのが資産です。


貸借対照表の資産の部、特に有形固定資産について、
あなたは中身をどれだけ理解しているでしょうか?



実はここに新しいチャンスが埋まっていることがあります。


決算書上、資産は、購入した金額から
建物や構築物、什器備品などの減価償却費用を差し引いた
残りが簿価として残っています。


毎年ほぼ機械的な作業で簿価、
つまり決算書上の資産価格が決まっています。



ここで時価がすぐにわかるとチャンスに遭遇することがあります。


いま資産を売ったら○○円になる。
いま資産を売ったら○円の利益が出る。
いま資産を売ったら○円の借金が返せる。



今の値段(時価)と簿価の差額が利益であり損失です。



実は、
かなり前に先代が購入した
資産の「簿価」といまの「時価」を的確に理解しているかたは
あまりいらっしゃらないのです。



よくよく今後の資産の必要性を考え、
処分ができるかどうか考えてみましょう。
敷地の一部を切って売ることだって可能です。



まず必要なものは「キャッシュ」だということが
往々にしてあります。


働き方改革で、サービス残業をさせないようにするために
まず必要なものは「給料」です。


借金返済で必要なものも返済資金です。


いい人材を採用するのに必要なのも
採用コストですね。




もしもまとまったお金が作りたいなら
働いていない資産(土地や建物)に着目して、
専門家に相談してみると良いでしょう。